スマートフォン用の表示で見る

松倉勝家

一般

松倉勝家

まつくらかついえ

1597年〜1638年。

江戸時代初期に活躍した大名。肥前国島原藩2代藩主松倉重政嫡子。1637年に島原の乱を招いた悪政(過酷な年貢の取り立など)の責任を取らされて幕府から斬首された。