スマートフォン用の表示で見る

松田道雄

読書

松田道雄

まつだみちお

1908〜1998。小児科医の立場から評論活動を行う。戦後民主主義を代表する論客

1967年の『育児の百科』は、戦後生まれの親にとって、育児バイブルとなった。

略歴

1908年10月26日 茨城県に生まれる

1915年 明倫小学校入学

1921年 京都一中入学

1925年 三高入学

1928年 京都大学医学部入学

1932年 京都大学医学部卒業

1932年 京都大学医学部小児科副手

1937年 西ノ京健康相談所

1940年 『結核教養文庫出版 京都府衛生局結核予防課

1941年 軍医予備員として4週間入隊 和歌山県内政部衛生課長

1942年 陸軍病院(結核患者収容)配属

1945年 敗戦 召集解除 和歌山県辞職

1945年 大阪の民間病院小児科勤務

1947年 京都小児科の診療所を開く

1949年 平和問題談話会参加(会員に末川博、田中美知太郎、桑原武夫など)

      『赤ん坊の科学』で毎日出版文化賞

1956年 ソ連小児科学会総会(レニングラード)参加

      半月滞在しソビエト社会主義の現実に触れるとともに集団保育を学ぶ

1960年 『私は赤ちゃん』岩波書店

      京都大学人文研究所共同研究「革命の比較研究」に参加

      関西保育問題研究会に参加し会長を務める

1963年 『君たちの天分をいかそう』で児童福祉文化賞

1967年 診療をやめ、執筆・評論活動に専念

1967年 『育児と百科』岩波書店初版出版

1970年 『革命と市民的自由』筑摩書房

1975年 『花洛:京都追憶岩波書店

1978年 安楽死法制化を阻止する会声明発起人(武谷三男野間宏水上勉らとともに)

1980年 シリーズ『松田道雄の本』(全16巻)筑摩書房刊行開始

1990年 『私は女性にしか期待しない』岩波書店

1997年 『安楽に死にたい』岩波書店

1998年6月1日 89歳 京都市夷川の自宅にて永眠

1998年 『幸運な医者』岩波書店

1999年 『定本育児の百科』岩波書店