スマートフォン用の表示で見る

松尾芭蕉

読書

松尾芭蕉

まつおばしょう

江戸時代を代表する俳人。本名・宗房、別号を桃青という。

1644年(正保元年)伊賀(現在の三重県)上野に生まれる。1694年(元禄7年)大坂にて没。

野ざらし紀行」、「鹿島紀行」、「笈の小文」、「更科紀行」、「奥の細道」などの俳諧紀行を残す。



芭蕉名句撰】