松平春獄

社会

松平春獄

まつだいらしゅんがく

日本の幕末から明治時代初期にかけての大名。政治家。第16代越前福井藩主

春嶽は号で諱は慶永である。幕末期は幕政への参加。明治維新後の新政府では内国事務総督、民部官知事、民部卿、大蔵卿などを歴任した。