松平親忠

社会

松平親忠

まつだいらちかただ

日本の戦国時代の武将。松平氏第4代当主。松平信光の三男。

父の死後、家督を継いだが間もなく出家したとされている。また、三男なのに本当に家督を継いだのかどうか、一部では疑問視されている。