スマートフォン用の表示で見る

松平清康

一般

松平清康

まつだいらきよやす

世良田次郎三郎、初名は清孝。

安城松平信忠の嫡子。母は定かならず。徳川家康の祖父。

大永三年(1523)家督継承し、岡崎平家を攻撃。これを屈服させて岡崎に進出。

その後数年で足助の鈴木氏、東三河戸田氏、山家三方衆などを傘下におさめた。

尾張にも進出するが守山に着陣中、重臣阿部大蔵の子息弥七郎に刺殺された。主を失った三河勢は岡崎に撤退。俗に言う守山崩れである。