スマートフォン用の表示で見る

松本匡史

スポーツ

松本匡史

まつもとただし

70〜80年代のプロ野球選手。指導者。

右投両打、ポジションは外野手背番号は37→2番。


1954年8月8日生まれ。兵庫県出身。

報徳学園高校から早稲田大学を経て1977年ドラフト5位で読売ジャイアンツに入団。

入団当初は右打ちであったが、1980年よりスイッチヒッターに転向。

5年目となる1981年、定位置を掴み、俊足の外野手として活躍。

柴田勲後のジャイアンツの1番打者を担った。

1982年、1983年に盗塁王を獲得。

1983年に記録した年間76盗塁は現在もセ・リーグ記録。

青色の手袋をしていたことから、「青い稲妻」の異名を持つ。

上下一体型の特注ユニホームを着用していた。

1986年以降は怪我もあり、出場機会が減少。

1987年、現役引退。

日本テレビ野球解説者を経て1993年、フロント入り。

1998年、読売ジャイアンツの二軍監督に就任。

2001年、読売ジャイアンツの一軍守備・走塁コーチに就任。

2002年、スカウトに転身。

2003年には、応援の際に応援歌の前奏が引き継がれる。


2006年、東北楽天ゴールデンイーグルスヘッドコーチに就任。

同年、退団。