松本健二

社会

松本健二

まつもとけんじ

政治運動家。(1907年-1980年5月19日)

群馬県桐生出身。1924年報知新聞社に入り、革命家として活動。6回検挙される。1948年労農党を結成し事務長。日中貿易国会議員連盟の事務長、足立梅市の社会党再建全国連絡会事務長。

著書

  • 『戦後日本革命の内幕』亜紀書房 1973
  • 『トイレ博士の落書探険 空想と思考の世界』山手書房 山手新書 1976
  • 『松本健二遺稿集』松本健二遺稿集刊行委員会 1982