松本山雅 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

松本山雅FC

まつもとやまがえふしー

日本プロサッカーリーグJリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。トップチームはJ1リーグに所属。

1965年結成。

2005年より現チーム名となる。2012年、Jリーグに加盟。

チーム名の由来

"山雅"は、1965年の結成当時の選手たちが松本駅前にあった喫茶店「山雅」へよく通っていたことに由来する。

愛称は「ターミガンズ」。長野県の県鳥である「雷鳥」の英語"Ptarmigans"から。略称は「ガンズ」である。

クラブ情報

チーム名(正式名称)松本山雅フットボールクラブ
呼称松本山雅FC
英字表記MATSUMOTO YAMAGA Football Club
運営法人株式会社松本山雅
所属リーグJリーグ - J1リーグ
クラブライセンスJ1クラブライセンス
ホームタウン長野県松本市塩尻市安曇野市山形村
ホームスタジアム長野県松本平広域公園総合球技場アルウィン
練習グラウンド松本市サッカー場(長野県フットボールセンター)
クラブカラー
クラブマスコットガンズくん

歴史

1965年、当時の長野県選抜の選手を中心に結成。1975年より北信越フットボールリーグに参戦。

2004年、将来のJリーグ入りを目指し、特定非営利活動法人NPO法人アルウィンスポーツプロジェクトを発足させる。2005年、チーム名を「山雅サッカークラブ」から「松本山雅フットボールクラブ」に改称。

北信越フットボールリーグ1部では、AC長野パルセイロツエーゲン金沢JAPANサッカーカレッジといった強豪チームと地域リーグながら激しい優勝争いを繰り広げた。2007年と2008年に全国地域リーグ決勝大会に進出したが、いずれも1次ラウンドで敗退した。

2009年は、北信越フットボールリーグ1部で4位に終ったが、全国社会人サッカー選手権大会で初優勝し、3年連続で全国地域サッカーリーグ決勝大会の出場権を獲得。全国地域サッカーリーグ決勝大会では見事優勝し、日本フットボールリーグJFL)昇格を果たした。

2010年2月、Jリーグ理事会にてJリーグ準加盟が承認された。同年7月、運営会社となる株式会社松本山雅を設立。2010年シーズンのJFLは7位に終わった。

2011年シーズンは、元日本代表の松田直樹を獲得し、Jリーグ昇格を目指していたが、8月2日の練習中に松田が急性心筋梗塞で倒れ、2日後に34歳の若さで死去した。その後は残された選手たちが松田の意思を受け継いで奮闘、JFL年間順位4位でJリーグ加入要件を満たし、Jリーグ理事会の承認を経て2012年からのJリーグ ディビジョン2参加が決定した。同年の天皇杯全日本サッカー選手権大会では、松田の古巣である横浜F・マリノスと4回戦で対戦。しかし、0-4で敗れた。

2014年シーズン、J2で2位に入り、クラブ史上初のJ1昇格を決めた。

Jリーグでの成績

  • 2012年 J2 12位(15勝14分13敗)
  • 2013年 J2 7位(19勝9分14敗)
  • 2014年 J2 2位(24勝11分7敗)

2015年度シーズン選手

GK
1 村山智彦 | 21 鈴木智幸 | 25 白井裕人 | 35 キローラン菜入
DF
2 大久保裕樹 | 3 田中隼磨 | 4 飯田真輝 | 13 後藤圭太 | 15 坂井達弥 | 16 鐡戸裕史 | 24 那須川将大 | 28 谷奥健四郎? | 30 酒井隆介
MF
5 岩間雄大 | 6 岩沼俊介 | 8 岩上祐三 | 11 喜山康平 | 17 飯尾竜太朗? | 19 ドリバ | 20 石原崇兆 | 22 前田直輝 | 26 道上隼人? | 27 柴田隆太朗? | 34 椎名伸志? | 38 和田達也?
FW
9 オビナ | 10 塩沢勝吾 | 14 池元友樹 | 18 棗佑喜 | 32 荒田智之 | 39 阿部吉朗 | 41 柳下大樹?

歴代監督