スマートフォン用の表示で見る

松本竣介

アート

松本竣介

まつもとしゅんすけ

1912年(明45)東京に生まれるが、2歳で岩手県花巻に移転。

1925年(大14)13歳で聴力失う。2年後兄が贈った油彩具で絵を描き始める。

1929年(昭4)兄・母とともに上京。太平洋画会研究所に通う。

1931年(昭6)後世「池袋モンパルナス」と呼ばる地に転居。靉光と知る。

34年頃から作品発表をはじめ、雑誌も発刊するなど、非常に活発な人だった。戦時下にはその雑誌で時局批判をしたため、ときに「抵抗の画家」と呼ばれることがある。

1948年(昭23)肺結核がもとで36歳にて没。