松本和那

社会

松本和那

まつもとかづな

1939年(昭和14年)3月14日 - )

千葉県東葛飾郡(現:松戸市)出身の実業家株式会社マツモトキヨシ会長、自民党所属の元衆議院議員、元千葉県議会議員

ドラッグストアチェーン大手「マツモトキヨシ」の創業者である父・松本清長男として千葉県東葛飾郡(現:松戸市)に生まれる。明治大学商学部を卒業後、マツモトキヨシ入社。その後、同社の役職を歴任し、1975年には社長に就任する。その傍ら、同年に千葉県議会議員初当選、六期務める。1996年には第41回衆議院議員総選挙自由民主党から立候補(千葉県第7区)し、初当選小渕派に所属する。2000年の加藤の乱の際には主流派閥に属しながら内閣不信任決議を欠席した。2001年にマツモトキヨシの会長に就任。それと同時に弟である松本南海雄が社長に就任した。その後、2003年の第43回衆議院議員総選挙には出馬せず2期で政界を引退。長男松本和巳が後継候補として出馬したが、このときは内山晃に敗れて落選している。