スマートフォン用の表示で見る

沼正三

読書

沼正三

ぬましょうぞう

56年から連載開始したSM小説「家畜人ヤプー」がカルトな評判となる。単行本は70年に都市出版社より出たのを始めとし、後に様々な集成、加筆が行われている。他の作品に「ある夢想家の手帳から」「続・家畜人ヤプー」などがある。一説には、代理人の「天野哲夫」がその正体ではないかとされている。