スマートフォン用の表示で見る

沼田元氣

アート

沼田元氣

ぬまたげんき

:芸術家

芸術家写真家詩人(ポエムグラファー)、装丁家翻訳家

関連語 リスト::写真家

日本孤独の会会員、ひとりあるきの会会長、日本選書家協会会長、水玉研究所研究員、東京喫茶店研究所所長、魅力学研究家など肩書き多数。

1983年に芸術家宣言、盆栽小僧のパフォーマンスで一世を風靡する。86年には渡米、アンディ・ウォーホルに師事し、盆栽ファッションが気にいられて、一緒にテレビに出演した。その後「憩」「朗」等という言葉をテーマに、雑誌「ガロ」などで、創作活動をおこなう。

写真、文筆、詩、アート作品、デザイン、講座など、幅広いジャンルで活躍中。

主な著書に「憩写真帖」「ぼくは盆栽」「ぼくの伯父さん東京案内」「水玉の幻想」「東京喫茶店案内」「東京スーベニイル手帖」「poemgraphy ささやき」、「京都スーベニイル手帖」など多種多数。

2004年4月から1年間、「モノゴトの魅力」に関する完全会員制の連続講座「ぼくの伯父さんのお楽しみ講座〜美しく年をとる乙女のためのチャームスクール」こと「乙女美学校」を京都で開講。いずれ本の形にまとまる予定、とのこと。


なお、著作の題名内などの「ぼくの伯父さん」は、ジャック・タチのコメディ映画から。タチ映画の影響で「ヌマ伯父さん」とも名乗る。


著作


CD