消費者態度指数

一般

消費者態度指数

しょうひしゃたいどしすう

内閣府が毎月発表している、消費者マインドを表す指数のこと。

景気の動向をみる上での重要な指標となっている。消費者態度指数が高まれば景気浮上、低くなれば景気後退として見ることができる。

算出方法

消費者態度指数は、全国から抽出した一般世帯およそ4,700世帯、単身世帯およそ2,000世帯、合計6,700世帯を対象に、暮らし向き、収入の増え方、雇用環境、耐久消費財の買い時判断の4つの質問に答えてもらうことで算出する。4つの質問に対して5つの選択肢を設け、「良くなる」に+1、「やや良くなる」に+0.75、「変わらない」に+0.5、「やや悪くなる」に+0.25、「悪くなる」に+0、という点数を与えており、この点数に各回答区分の構成比(%)を乗じる。乗じた結果を合計して各項目ごとに原数値を出し、原数値を単純平均して算出する。