消防操法

一般

消防操法

しょうぼうそうほう

日本の消防訓練における基本的な器具操作や動作の方式のこと。主に消防団の訓練形式として行われ、大会も行われる。

消防庁が定める「消防操法の基準」に基づい行う。火災消火を想定して行い、参加者の意識も向上するが、形式的なものも多く、一部では非実践的であるとの批判もある。