スマートフォン用の表示で見る

湘南新宿ライン

地理

湘南新宿ライン

しょうなんしんじゅくらいん

JR東日本の、山手貨物線・品鶴貨物支線を経由して宇都宮線高崎線大宮新宿〜(武蔵小杉経由)〜横浜横須賀線東海道線を結ぶ中距離電車のルートのこと。

概要

既存の線路を活用して、宇都宮線/高崎線東海道線/逗子新宿経由で直結するルートである。このルートの開通によって、従来は別々の系統として運行されていた宇都宮線/高崎線の直通が実現した。池袋大崎間は埼京線と、旧・蛇窪(信)〜大船間は横須賀線とそれぞれ線路を共用している。なお、大宮池袋間は貨物線を転用した湘南新宿ライン専用の線路で走る。

同じように南北を直通する中距離電車としては東京経由の上野東京ラインがある。

現在の運転系統

運行系統は宇都宮線横須賀線と、高崎線東海道線の2つの系統があり、それぞれが2本/hずつの運行である。

宇都宮線横須賀線

この系統はすべて横須賀線各駅停車である。通常時間帯は宇都宮逗子快速と、宇都宮/小金井大船/逗子の普通がある。

高崎線東海道線

この系統は大崎〜戸塚間で西大井新川崎保土ヶ谷東戸塚は通過となる。日中に高崎小田原特別快速があり、それ以外の時間帯は高崎/籠原平塚/国府津/小田原の普通が運行される。高崎線東海道線系統は上野東京ライン経由もあるため、経由路線に注意。

ルート

駅名よみ
“えき”は略
乗換
大宮駅おおみや東北新幹線上越新幹線北陸新幹線
宇都宮線(直通)、高崎線(直通)
京浜東北線埼京線川越線
東武アーバンパークラインニューシャトル
浦和駅うらわ上野東京ライン京浜東北線
赤羽駅あかばね上野東京ライン埼京線高崎線
池袋駅いけぶくろ埼京線山手線
東武東上線西武池袋線
東京メトロ丸ノ内線有楽町線副都心線
新宿駅しんじゅく埼京線山手線中央・総武緩行線中央快速線
小田急小田原線京王京王線西武新宿線
東京メトロ丸ノ内線都営新宿線大江戸線
渋谷駅しぶや埼京線山手線
東急東横線田園都市線京王井の頭線
東京メトロ銀座線半蔵門線副都心線
恵比寿駅えびす埼京線山手線
東京メトロ日比谷線
大崎駅おおさき埼京線山手線りんかい線
西大井駅にしおおい-
武蔵小杉駅むさしこすぎ横須賀線南武線
東急東横線目黒線
新川崎駅しんかわさき-
横浜駅よこはま東海道線横須賀線横浜線京浜東北線根岸線
東急東横線みなとみらい線京急本線相鉄本線
横浜市営地下鉄ブルーライン
保土ケ谷駅ほどがや-
東戸塚駅ひがしとつか-
戸塚駅とつか東海道線横須賀線
横浜市営地下鉄ブルーライン
大船駅おおふな東海道線(直通)、横須賀線(直通)、根岸線
湘南モノレール

車両

一般用

いずれもグリーン車連結。2004年以降、E231系のみで運行され、宇都宮線横須賀線系統は小山の、高崎線東海道線の系統は国府津の車両で運行されていたが、2015年以降は高崎線東海道線の系統が小山・国府津共同持ちとなり、E233系でも運行されるようになった。

特急