スマートフォン用の表示で見る

焼き破り

一般

焼き破り

やきやぶり

意義

 侵入窃盗が侵入時に用いる手段の一種

手口

 鍵付近の窓ガラスを、高温の炎が出せる野外向けのターボ機能付ガスライター等で局所的に加熱し、水を掛けて急速冷却することにより、ガラスを膨張→収縮させて素早く必要最小限度で割り、鍵を開けてしまう。

対抗策

 従来の鉄網入り防犯ガラスでも無力。防犯ガラスや防犯フィルムを用いていても、加熱によるガラスの膨張・収縮を利用したこの手口には対抗し切れない。

 耐熱ガラスと防犯フィルムを挟み込んだ「合せガラス」を組み合わせた「複層合せガラス」もあるが、高価なのでおいそれとは交換できない。

 現時点での有効な対策は、

  • 補助錠を複数取り付けて、開錠する手間と時間を増やす
  • 窓に対して衝撃が加わったことを検出して大音響と光を発して侵入者を威嚇する「防犯センサーアラーム」を取り付ける

 この手の手段を使う侵入者は、短時間で静かに侵入したがっているからである。