焼け跡闇市派

一般

焼け跡闇市派

やけあとやみいちは

日本の世代で幼少期と少年期を第二次世界大戦中に過ごした世代を指す言葉。語源は作家の野坂昭如が用いた「焼け跡派」である。