スマートフォン用の表示で見る

称名滝

地理

称名滝

しょうみょうたき

源流を立山連峰に発する滝で、350mという日本一の落差を誇る。弥陀ヶ原大地を深くV字にえぐりながら、4段に折れて滝壺に流れ落ちる。その量は毎秒0・5〜2t。遊歩道で滝の側まで行くことができ、その迫力を間近で見ることができる。