スマートフォン用の表示で見る

証拠金取引

社会

証拠金取引

しょうこきんとりひき

少額の証拠金を業者に預託して金融商品などの売買を行う取引のこと。証拠金のレバレッジ効果によって証拠金の何倍もの外貨を取引することができる。したがって、利益も損失も大きくなる。また、損失が一定額を超えると、ロスカットルールによって強制的に反対売買がなされたり、損失の小さい段階で追加証拠金の差し入れを請求される場合もある。