証券アナリスト

一般

証券アナリスト

しょうけんあなりすと

証券アナリストとは、証券投資の分野において、高度の専門知識と分析技術を応用し、各種情報の分析と投資価値の評価を行い、投資助言や投資管理サービスを提供するプロフェッショナルのことをいいます。

近年、資本市場の発達と高度化に伴って、証券アナリストの所属する業態は大きく広がるとともに、一層専門化が進んでいます。例えば、証券会社の調査部門などに所属し、産業・企業調査を基に、個別証券の分析・評価を行うのがリサーチ・アナリスト(狭義の証券アナリスト)です。一方、投資信託投資顧問信託銀行、保険などの機関投資家には、さまざまの投資目的に合った証券を組合わせて、総合的な資産運用に携わるポートフォリオ・マネジャー(ファンド・マネジャー)という専門職がいます。このほか、投資ストラテジスト、投資アドバイザー、マーケット・アナリストなど、それぞれの職能に応じた呼称もあります。

*

業種の事を指すため、とくに証券アナリストになるための資格などは不要である。しかし、一般的に各国ごとに業界団体アナリスト認定というものを提供している。証券アナリスト業務を行うのに必須ではないが、持っていると最低限の知識がある事程度は証明できる。

日本では日本証券アナリスト協会が提供する証券アナリスト試験があり、通信教育および1次・2次の試験を合格する事により証券アナリストと認定される。同様の認定として国際的のCIIA、米国資格のCFAが有名。

リスト::経済関連