スマートフォン用の表示で見る

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律

社会

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律

しょうがいをりゆうとするさべつのかいしょうのすいしんにかんするほ

日本の法律

(平成二十五年六月二十六日法律第六十五号)

2013年6月26日に公布。

   第一章 総則

(目的)

第一条
この法律は、障害者基本法(昭和四十五年法律第八十四号)の基本的な理念にのっとり、全ての障害者が、障害者でない者と等しく、基本的人権を享有する個人としてその尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい生活を保障される権利を有することを踏まえ、障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本的な事項、行政機関等及び事業者における障害を理由とする差別を解消するための措置等を定めることにより、障害を理由とする差別の解消を推進し、もって全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に資することを目的とする。


以下、略