上ホロカメットク山

地理

上ホロカメットク山

かみほろかめっとくやま

北海道十勝岳連峰にある山。標高は1,920m。

西面に安政年間の噴火によって形成された爆裂火口「安政火口」が存在し、頂上直下から断崖の火口壁が切れ落ちている。

爆裂火口の麓に十勝岳温泉があり、ここから火口への散策路が延びる。散策路は途中から登山道となり山頂へ至る。