スマートフォン用の表示で見る

上海環球金融中心

一般

上海環球金融中心

しゃんはいふぃなんしゃるわーるど

上海市浦東新区に2008年7月に完成した、日本の森ビルが設計・建設した高層ビル

高さは492メートル。階層は101階

完成時点では中国で1位、世界で「台北101」に次いで2位の高さである。

しかし、その後、「ブルジュ・ドバイ」(818m)を始め、500〜1,000m以上のハイパービルがアラブ諸国ロシアアメリカ韓国などに続々と完成するため、順次抜かれていく。

中国でも、上海中心(580m〜600m)、天津の「中国 117 タワー」(570m)、深圳の「Pingan International Finance Centre」(508m)、広州テレビ・観光塔(610.0m)などが完成するため、数年後には5位の高さの建造物になる。