上甲正典

スポーツ

上甲正典

じょうこうまさのり

高校野球指導者。

1947年6月24日生まれ、愛媛県北宇和郡三間町(現・宇和島市)出身。愛媛県立宇和島東高等学校龍谷大学卒。

宇和島東高校では内野手として活躍するも甲子園出場は無し。


大学卒業後、会社員を経て薬店経営のかたわら、1975年に母校・宇和島東高のコーチとなり、2年後に監督就任。

1987年の第69回全国高等学校野球選手権大会甲子園初出場。翌1988年、第60回選抜高等学校野球大会で初出場初優勝に導いた。宇和島東では春4度、夏7度の甲子園を経験。


2001年10月から済美高等学校へ。翌2002年4月、野球部創部と同時に監督就任。

2004年、第76回選抜高等学校野球大会で初出場初優勝を果たす。創部わずか3年目での全国制覇は史上最短記録。同年夏の第86回全国高等学校野球選手権大会でも決勝に進出したが、駒澤大学附属苫小牧高等学校打撃戦の末に10-13で敗れ、春夏連覇はならなかった。2013年第85回センバツでも、安楽智大投手を擁して準優勝した。済美では春2回、夏4回甲子園に出場した。

2014年9月2日、胆管がんのため死去。


教え子には平井正史橋本将宮出隆自岩村明憲鵜久森淳志高橋勇丞福井優也らがいる。