上信越高原国立公園

地理

上信越高原国立公園

じょうしんえつこうげんこくりつこうえん

上信越高原国立公園は、日本の国立公園の一つ。長野県野尻湖妙高山を中心に、新潟県群馬県にまたがる国立公園

1949年9月7日に指定された。

草津・万座・浅間地域、妙高戸隠地域、須坂高山地域、志賀高原地域、谷川・苗場地域の5地域に分かれている。

白根山浅間山のような活火山志賀高原のような高層湿原など豊かな自然的要素に加え、神社を有する戸隠高原など歴史的要素のほか、スキー場キャンプ場、温泉など野外レクリエーション的要素を有している。

2015年3月27日、妙高戸隠地域を分離させて、「妙高戸隠連山国立公園」が設定されることになったため、面積が縮小することになっている。

基礎情報

公園面積
188,072ha(群馬県:59,305ha、新潟県:47,431ha、長野県:81,336ha)