スマートフォン用の表示で見る

上杉謙信

社会

上杉謙信

うえすぎけんしん

戦国時代の武将。越後戦国大名。長尾為景の子で初名・景虎。政虎、輝虎。養子に上杉景勝*1上杉景虎*2・上条政繁*3ほか。

兄の長尾晴景の跡を継いで越後を領し、北陸そして関東に勢力を伸ばした。

上杉憲政を保護すると、関東管領山内上杉氏の名跡を継承上杉憲政より偏諱を貰い、上杉政虎と名乗り、ついで将軍足利義輝偏諱を賜って上杉輝虎と名乗った。その後、剃髪して不識庵謙信と号す。

義侠に富み、小田原北条氏や甲斐武田氏を度々争った。越後の龍といわれる。


妻帯していなかったため跡継ぎ争いが勃発している。

*1:長尾政景の子で甥

*2北条氏康の子

*3:畠山義続の子