スマートフォン用の表示で見る

上杉重房

社会

上杉重房

うえすぎしげふさ

日本の鎌倉時代中期の公家。武士。上杉氏の祖。藤原清房の次男。

丹波国何鹿郡上杉庄(現在の京都府綾部市上杉町周辺)を領して上杉重房となり、その後、征夷大将軍宗尊親王と共に関東の鎌倉へ下り武士となった。