スマートフォン用の表示で見る

上杉鷹山

一般

上杉鷹山

うえすぎようざん

米沢藩9代藩主上杉謙信の10代目の子孫に当たる。

破産状態にあった米沢藩を見事に立て直した。飢饉の予防に勉め、「かてもの」の

リストを作り、平民たちの食生活の指針とした。彼の治世、餓死者は一人も出なかった

という。

「為せば成る 為さねは成らぬ 何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」はこの人の歌。


宝暦元年(1751年)7月20日日向国高鍋藩主,秋月種美の次男として江戸で生まる。

宝暦10年(1760年):八代目米沢藩主上杉重定の養子となる。

明和4年(1767年):家督を継いで17歳で九代目米沢藩主。

文化3年(1806年):56歳で「養蚕手引」を発行・配布

文政5年(1822年):死去。72歳