上川徹

スポーツ

上川徹

かみかわとおる

サッカー選手・審判員。

ポジションはフォワードからディフェンダーまでこなすユーティリティプレイヤー

1963年6月8日生まれ、鹿児島県鹿児島市出身。

小学校でサッカーを始め、国立鹿児島高専時代の1981年にはユース代表に選ばれる。

その後、東海大学を経て、フジタに入社。   

1991年現役引退。発足控えたJリーグが元選手を対象とした審判養成コースに応募。3級審判員取得。

1992年、2級審判員取得。

1993年ベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)に出向。

1994年、1級審判員取得。

1998年より国際主審に登録される。

2000年、日本サッカー協会入局。

2002年にJリーグが創設したスペシャルレフェリーの第1号となる。同年、FIFAワールドカップでも笛を吹き、AFCベストレフェリーに選ばれる。

2003年、Jリーグ優秀主審賞受賞。

2006年、2大会連続でワールドカップ出場。3位決定戦など3戦で笛を吹く。

同年限りで審判員引退。

現在は日本協会の審判員インストラクターを務める一方、解説者としても活動する。


* リスト::サッカー選手