スマートフォン用の表示で見る

上田城

地理

上田城

うえだじょう

長野県上田市の城郭。

天正十一年(1583)に、真田昌幸の居城として築かれた。

天正十三年(1585)、大久保忠世平岩親吉ら率いる徳川勢の攻撃を受けるも、真田昌幸の巧みな用兵によって撃退に成功。

慶長五年(1600)には、関ヶ原の戦い前哨戦が行われた。西軍陣営に属した真田昌幸中山道を進む徳川秀忠の大軍と交戦し、これもまた退けている。

関ヶ原の戦い後、上田領は東軍に属した真田信之に与えられたが、上田城は破却されて再建が許されず、信之は城下の屋形で政務を執った。

真田信之松代城へ転封となると、次に上田に入った仙石氏のもとでようやく再建が許される。しかし築城半ばにして工事は中止となり、城は未完成のまま仙石氏・松平氏と受け継がれ、明治時代の廃城を迎えた。


遺構として堀と土塁、虎口の石垣、そして三基の二重櫓(いずれも長野県宝)が残り、また櫓門が木造で復原されている。

現在見られる上田城の姿は仙石氏の築城した城。天守は仙石氏の城には建てられなかったが、真田昌幸の築いた城には建っていた可能性がある。また金箔瓦が出土していることから、豊臣公儀の支援を受けた煌びやかな城であったとみられる。


* リスト:リスト::城