スマートフォン用の表示で見る

上野茂都

音楽

上野茂都

うえのしげと

美術家音曲家。

1961年生まれ。彫刻・絵画・イラスト・工芸など幅広いジャンルで活躍、現在は武蔵野美術大学の共通彫塑科で教鞭をとっている。

また三味線による自作自演弾き語りをライブハウスやCDなどで発表。いちど聴いたら二度と忘れない「端唄俗曲の流れを現代に引き継いだ歌詞の世界」(公式サイト紹介文より)は各方面から大絶賛をうけ、芸術家や音楽家のあいだにも根強いファンが数多い。氏の熱狂的な大ファンを自認するGONTITIチチ松村氏いわく「世界でほかにないユニークさが素晴らしい」とのこと。

CDに唄草子「あたま金」「緑の人よ」「蕎麦屋の隅で」「布団が俺を呼んでいる」など。月に一度、高円寺「円盤」http://www.enban.org/にて月例会を開催中。毎回1000円・ワンドリンク付で30曲有余を演奏(!)、とのこと。