スマートフォン用の表示で見る

常滑線

地理

常滑線

とこなめせん

名鉄の路線。神宮前常滑を結ぶ。全長29.3km。空港線も含めた神宮前中部国際空港間33.5kmをさすこともある。

1912年(明治45年)伝馬町大野町が開通。

神宮前太田川間は河和線知多新線直通の列車も走行するため、輸送密度が高い。

常滑から伸びている空港線は一体的な運行系統となっている。

駅名読み接続路線
金山かなやま名古屋本線犬山線(直通)
JR東海道本線中央西線
名古屋市営地下鉄名城線名港線
神宮前じんぐうまえ名古屋本線
豊田本町とよたほんまち-
道徳どうとく-
大江おおえ築港線(東名古屋港行き)
大同町だいどうちょう-
柴田しばた-
名和なわ-
聚楽園しゅうらくえん-
新日鉄前?しんにってつまえ-
太田川おおたがわ河和線
尾張横須賀おわりよこすか-
寺本てらもと-
朝倉さくら-
古見こみ-
長浦ながうら-
日長?ひなが-
新舞子しんまいこ-
大野町おおのまち-
西ノ口?にしのくち-
蒲池かまち-
榎戸えのきど-
多屋?たや-
常滑とこなめ-
りんくう常滑りんくうとこなめ-
中部国際空港ちゅうぶこくさいくうこう-

運行形態

日中は30分サイクルで、普通列車太田川常滑間、準急新可児中部国際空港特急名鉄岐阜中部国際空港で運行される。神宮前太田川間の普通列車河和線系統の列車となる。これにミュースカイ(新鵜沼岐阜名古屋中部国際空港/全車特別車、30分間隔)が加わる。