スマートフォン用の表示で見る

常光徹

読書

常光徹

つめみつとおる

民俗学者。1948年高知県生まれ。

國學院大學を卒業後、都内の中学校教員をへて、現在、国立歴史民俗博物館民俗研究系教授、総合研究大学院大学文化科学研究科教授。

博士(民俗学)。

子供たちから聞いた話を元に書いた「学校の怪談」シリーズは、大ベストセラーとなり、

映画が4作つくられるという社会現象を巻き起こした。