スマートフォン用の表示で見る

常石敬一

一般

常石敬一

つねいしけいいち

1943年東京生まれ。

1966年東京都立大学理学部物理学科卒業。

1970年、故広重徹から科学史研究者としてのトレーニングを受ける。

1973年長崎大学教養部講師、その後助教授、教授を経て、1989年神奈川大学経営学部教授。

主な研究内容はSTSで、そのうち特に力を入れているのが生物化学兵器軍縮であり、旧日本軍の遺棄化学兵器処理の問題。