常葉橘 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

常葉学園橘中学校・高等学校

とこはがくえんたちばなちゅうがっこうこうとうがっこう

静岡県静岡市葵区瀬名にある私立の中学校・高等学校。「常葉橘」と略されることも多い。

設置者は学校法人常葉学園。系列校に常葉大学常葉大学短期大学部常葉学園中学校・高等学校常葉学園菊川中学校・高等学校がある。

高等学校普通科(普通進学コース・特別進学コース)、英数科、音楽科を設置している。

沿革

1963年橘高等学校として開校。

1965年、橘中学校開校。中高一貫教育を行うようになる。

1978年、常葉学園橘中学校・高等学校と改称。*1

1985年、男子校から男女共学となる。

部活動

野球部

全国高等学校野球選手権大会は2009年、2010年、2012年に出場。

男子サッカー部

橘高サッカー部1972年に創部。激戦区である静岡県の中では決して強豪校ではなかったが、2000年より中高一貫での本格的な強化に取り組み、2001年秋にはジュビロ磐田初代監督である長澤和明が監督に就任した。

2002年には橘中学が全国中学校サッカー大会で初出場・初優勝を飾り、その優勝メンバーが進学した橘高校は2004年には高校選手権静岡県予選で準優勝、翌2005年には優勝し、悲願の全国高等学校サッカー選手権大会初出場を果たした。

女子サッカー

橘中学女子サッカー部は2004年に創部。監督に元女子日本代表選手の半田悦子が就任し、中高一貫による強化に取り組んでいる。

2005年には、第1回静岡県U-15レディース大会で優勝、第10回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会予選の静岡県大会と東海大会で優勝して全国大会進出を果たすなど、着実に成果を上げている。

*1:尚、1978年開校の常葉学園橘小学校は、2013年に常葉大学教育学部附属橘小学校と名称を変更した。