スマートフォン用の表示で見る

条坊制

社会

条坊制

じょうぼうせい

南北中央に朱雀大路を配し、南北の大路(坊)と東西の大路(条)を碁盤の目状に組み合わせた左右対称で方形の市街区画のこと。中国唐代の長安などが有名。日本ではかつての平安京平城京などが条坊制を採用している。