植村隆

一般

植村隆

うえむらたかし

1958年 ‐ )

新聞記者朝日新聞社社員。1991年、いわゆる従軍慰安婦問題を初めて報道した。

経歴

高知県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。1982年朝日新聞入社千葉支局、大韓民国特派員を経て、中華人民共和国特派員韓国語の学習のため、朝日新聞社入社後に延世大学校へ留学した。

妻は韓国人であり、同国の太平洋戦争犠牲者遺族会の常任理事である粱順任の娘である。粱順任は日本政府に対してアジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件を起こし、また、日本政府からの補償金に絡む詐欺事件で容疑をかけられている。

マンガ韓国現代史―コバウおじさんの50年 (角川ソフィア文庫)

マンガ韓国現代史―コバウおじさんの50年 (角川ソフィア文庫)