織井茂子

織井茂子

(音楽)
おりいしげこ
  • 歌手。(1926年1月10日〜1996年1月23日)
  • 東京都出身。童謡歌手を経て、1947年に再デビュー。「都能子(みやこよしこ)」の名で活躍後、「織井茂子」で改名。1953年の映画「君の名は」の主題歌、さらに、同じ主題歌の「黒百合の歌」も大ヒット。生涯の代表曲となる。
  • 懐メロ番組で多数出演。紅白歌合戦には6回出場。*1 また、東京でクラブ経営もしてた時期もあった。
  • 1996年1月23日に70歳で死去。

エピソード

  • 島倉千代子は、新人時代、同じ着物で歌っていたことで先輩からいじめを受けた。それを「歌は衣装で歌うものじゃない」と励ましたのが織井茂子であった。織井茂子が島倉千代子の歌手として最初の救いを受けた。
  • 懐メロ番組に出演した時期の1972年にザ・ベンチャーズの作品を歌ったアルバムを発表して、話題をさらった。

*1:1989年に1960年以来29年ぶりに出場。当時の紅白の出場最長記録だった。その1989年に「君の名は」を熱唱。

新着ブログ: 織井茂子