スマートフォン用の表示で見る

織田幹雄

スポーツ

織田幹雄

おだみきお

織田幹雄(1905年3月30日 - 1998年12月2日)は、日本の元陸上選手、指導者。

広島県安芸郡海田市町(現・海田町稲荷町)出身。

日本人初のオリンピックメダリストであるだけでなく、アジア人としても個人競技で初のオリンピックメダリストである。

こうした偉業を称え、1967年から「織田幹雄記念国際陸上競技大会」が毎年4月に広島で開催されている。

また早稲田大学競走部も、所沢キャンパス内にある練習グラウンドを2005年、生誕100年を記念して「織田幹雄記念陸上競技場」と命名した。

このほか、国立霞ヶ丘陸上競技場のトラック内に、優勝記録と同じ長さの、高さ15m21cmの「織田ポール」と呼ばれるポールが立っているほか、代々木公園陸上競技場も「織田フィールド」と命名されているなど、日本陸上競技会における功績は非常に大きい。

略歴

1922年、旧制広島一中(現・広島県立広島国泰寺高等学校)徒歩部(陸上競技部)時代、全国中等学校陸上競技大会の走高跳走幅跳で優勝。17歳で三段跳日本新記録を樹立。

1923年、第6回極東選手権で走幅跳三段跳で優勝。

1924年パリオリンピックに出場。走幅跳では入賞を逃すも、三段跳で日本陸上初の6位入賞を果たす。

1925年早稲田大学商学部に進学、早稲田大学競走部に入部。

1928年アムステルダムオリンピック日本選手団の主将として出場。8月2日の三段跳決勝の2回目に15m21cmを記録し、日本人初の金メダルを獲得。

1931年早稲田大学を卒業後、朝日新聞社入社。同年10月27日、当時の三段跳の世界記録(15m58cm)を樹立。

1932年、ロサンゼルスオリンピック陸上競技日本代表の主将及びコーチを務め、自らも選手として出場。その後選手を引退。

1948年JOC(日本オリンピック委員会)委員に就任。

1952年ヘルシンキオリンピック陸上競技日本代表監督。

1954年、マニラアジア競技大会陸上競技日本代表監督。

1959年紫綬褒章を受章。

1964年東京オリンピック陸上競技日本代表総監督

1965年早稲田大学教授に就任。

1976年、IOC(国際オリンピック委員会)からオリンピック功労章を授与。

1985年東京都名誉都民として顕彰される。

1986年、広島県海田町名誉町民として顕彰される。

1989年、広島県名誉県民として顕彰される。

1988年、文化功労者に選出。

1989年、JAAF(日本陸上競技連盟)名誉会長に就任。