信号無視

一般

信号無視

しんごうむし

交通信号機の停止現示(赤信号)を無視して進行すること。

歩行者自転車利用者による集団的な信号無視は、いまや現代社会の裏の「常識」である。

無視する条件としては、

  1. 「複数の他人が先行して無視している」
  2. 「車の交通量が少ない」
  3. 「警察官がいない」

という三点が挙げられる。また、警察官すら歩行者の信号無視を黙認している場合もある。

歩行者自転車利用者による信号無視においては、いわゆる年長世代と年少世代との世代間におけるモラル意識の違いがトラブルを起こすこともある。
「信号無視していたから」中学生を暴行、53歳会社員逮捕 埼玉

一方では、自動車鉄道の信号無視は(交通秩序の確立した先進国においては)許容されていない。鉄道では信号を無視しようとした場合に自動的に列車が停まる機構(自動列車停止装置・ATS)を備えている場合が多い。