信任状捧呈式

社会

信任状捧呈式

しんにんじょうほうていしき

信任状捧呈式は、新任の外国の特命全権大使が日本に着任した際、本国の元首からの信任状を天皇に手渡す儀式。
日本国憲法第7条第9号で天皇国事行為の1つに定められている。

日米和親条約による開国から大政奉還までは征夷大将軍が、王政復古の大号令以降は天皇が執り行っている。

捧呈式では、外務大臣または他の国務大臣が侍立することとされており、大使一行の皇居への送迎に際しては、大使の希望により、皇室用の自動車か馬車が提供されている。

なお、解任状捧呈式も存在するが、単独で行われた例はなく、新任の大使が信任状と共に前任者の解任状を捧呈するのが例となっている。