スマートフォン用の表示で見る

信濃

キーワードの候補

2件

一般

信濃

しなの

大日本帝國海軍航空母艦

昭和14年度計画にて戦艦として計画、昭和17年6月30日空母に変更、昭和19年11月19日竣工、29日沈没、昭和20年8月31日除籍。

 大和級戦艦の3番艦として起工されたが、開戦により工事を中断しているうちにミッドウェー海戦発生、緊急に策定した改マル五計画により、洋上補給基地機能を有する重防御空母に改造された。戦艦として建造中の船体を利用した為に水中防御力に優れ、大鳳と同様の飛行甲板装甲を持つ極めて強力な空母だが、格納庫は一段で搭載機数は少ない。

 前例のない巨艦であった事や、建造中に他の緊急工事を優先した事もあり、完成は昭和19年11月となり、戦局にまったく寄与しないまま潜水艦の雷撃を受け、完成後10日で戦没した。


要目

基準排水量:62,000t

全長:266m

最大幅:38m

平均喫水:10.31m

主機:艦本式オール・ギヤード・タービン4基4軸

主罐:ロ号艦本式水管罐(重油専焼)12基

出力:150,000HP

速力:27knt

燃料搭載量:重油9,000t

航続力:10,000浬/18knt

兵装:八九式40口径12.7サンチ連装高角砲8基

   25ミリ3連装機銃35基

   25ミリ単装機銃40基

   12.7サンチ30連装墳進砲12基

搭載機:常用42機、補用5機

飛行甲板:長さ256m×幅40m

装甲:飛行甲板95mm、舷側160〜270mm、甲板190mm

乗員:2,400名

地理

信濃

しなの

日本の旧国名のひとつ。現在の長野県

東山道の一国。等級は上国?