スマートフォン用の表示で見る

心室中隔欠損

サイエンス

心室中隔欠損

しんしつちゅうかくけっそん

全先天性心疾患の一で、心室中隔に欠損孔が開いている状態のこと。

左右心室を隔てる心室中隔が欠損しているので、左室から右室への血液の短絡が起こり左右心室の拡大をみる。欠損孔が小さい場合(ロージェ病)は自覚症状も無く発育も正常に行われるが、欠損孔の大きな場合は小児期に死亡することが多いといわれている。