医療観察法 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

心神喪失者等医療観察法

しんしんそうしつしゃとういりょう

心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律*1」のこと。通称、医療観察法

平成15年7月10日可決、同年16日公布。平成17年7月15日施行。

触法精神障害者、いわゆる重大な他害行為?を行った精神障害者に対して強制的な精神科治療を行い、社会復帰をさせる日本法律である。事実上の精神障害者予防拘禁法?だと指摘する関連団体もある。

医療機関厚生労働大臣が指定した精神科病院が担う。大きく分けて指定入院医療機関?と指定通院医療機関?がある。

入院を行う場合は閉鎖病棟に入院するとされている。

心神喪失、心神耗弱

心神喪失心神耗弱の状態とは、精神障害のために善悪の区別がつかないなど、刑事責任を問えない状態のこと*2

心神喪失の場合、刑法39条1項の規定によって罰することかできない。心神耗弱の場合、刑法39条2項の規定によって刑が減らされる。

重大な他害行為

重大な他害行為?とは、殺人放火強盗強姦強制わいせつ傷害のこと*3

関連

医療観察診療報酬点数表?