心神耗弱

一般

心神耗弱

しんしんこうじゃく

判例によれば、精神の障害によって事物の理非善悪を弁識する能力または弁識に従って行動する能力が著しく減少している場合、とされる。

心神耗弱のもとでの行為は、刑法39条2項の規定「心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。」にしたがって、責任は阻却されないものの必ず刑が減らされる。