スマートフォン用の表示で見る

心霊主義

一般

心霊主義

しんれいしゅぎ

19世紀の欧米において、自然科学の発展によるキリスト教の影響力の低下により生まれた思想。

霊媒により死んだ人の霊と交信できる、死んだ人の霊が守ってくれる(守護霊)などの、現代オカルト思想は、ここから生まれた。