新しい自民党

一般

新しい自民党

あたらしいじみんとう

2001年の小泉政権誕生以後、自民党はこれまでの「地方への再配分」「公共事業重視」「農業や中小商店の保護」といった伝統的な大きな政府路線、族議員が介在した「政財官の癒着構造」を改め、組織的支持でなく都市の組織化されていない有権者を重視した新自由主義的性格の強い政策を示すようになった。これ以降の自民党を「新しい自民党」と呼ぶ。

 この呼称については自民党の広報戦略にマスコミが呼応して積極的に使用されるようになった。

 2005年のいわゆる「郵政選挙」では郵政民営化に反対した議員が「古い自民党」の象徴とされ、郵政民営化に賛成した議員刺客候補などの新人議員(いわゆる小泉チルドレン)は「新しい自民党」の象徴であるような印象付けが為された。

 しかし実態は郵政民営化は保身のために賛成したに過ぎず、実態は「古い自民党」的性格を温存した族議員が多く温存されている。また「新しい自民党」は2005年の選挙で大きな支持を集めたが、その新自由主義的な政策は格差社会を招いたとも言われ、現在は一部見直しを迫られている。