スマートフォン用の表示で見る

新潟市中央区

地理

新潟市中央区

にいがたしちゅうおうく

新潟市中央区は、新潟県新潟市の区のひとつ。

新潟市の放射状に伸びる交通軸の要に位置し、2007年4月1日、中央地区、東地区、南地区*1を区域として発足。

面積は37.75km²、人口は176,749人*2

イメージカラーは「ウォーターフロントブルー」。

地勢

北は日本海に開け、中央には信濃川、東に栗ノ木川、西に関屋分水路、南に鳥屋野潟という自然に囲まれた地域。

区内は土地の高度利用が進み、様々な都市機能が集積する一方で、国の重要文化財に指定された萬代橋やみなとまちの歴史的建造物など、伝統的文化を感じることのできるまちなみも存在している。

*1:鳥屋野地区、山潟地区と、曽野木地区のうち日本海東北自動車道以北の地域

*22016年7月31日現在