新幹線800系電車

新幹線800系電車

(一般)
しんかんせんはっぴゃくけいでんしゃ

JR九州が保有する、九州新幹線用の電車鉄道車両
2004年の新八代〜鹿児島中央間開業に合わせ、2003年に登場。
モノクラス6両編成で9本が在籍している。
デビュー時はもっぱら「つばめ」に使用されたが、2011年の博多〜新八代間の開業に伴い、新下関・博多〜熊本・鹿児島中央での運行となり、「つばめ」「さくら」に使用される。

特徴

  • 車体や走り装置は並行して製造されていた東海道・山陽新幹線の新幹線700系電車をベースに、急勾配対策として全車電動車となっている。
  • 車内はオール普通車ながら2+2列シートを採用、座席デザインは800系独自のものである。
  • 2009年製造のU7編成からマイナーチェンジが実施され、車体側面の赤と金の帯が箇所によって曲線を描いていたり、ライトカバーが曲面ガラスに変更された。
  • U7編成とU9編成は軌道検測機能を装備し1000番台を名乗っており、U8編成は架線検測機能を装備し2000番台を名乗っている。なお、U1編成は新製時は軌道・架線の検測機能を装備しており、そのため車号にKが付いていたが、U7・U8編成の登場に伴い撤去されたためKは消された。

新着ブログ: 新幹線800系電車